夢広がる住まい 三和不動産
HOME サイトマップ
店舗案内 売買物件 賃貸物件 オーナー様へ お問合わせ リンク アクセス 引越しの流れ
引越しの流れ 引越しの流れをご説明いたします。
 
引越しの荷物には通し番号を付ける
ダンボールに入れた荷物は開けてみないと何が入っているかわからないということになりがちなので、中に入っているものの名前や持ち込む部屋名、取扱い上の注意(例:コワレモノ注意、水濡れ厳禁)などを記入しておくと便利です。 また旧居への置き忘れや誤って処分してしまったなどで荷物が行方不明にならない様、あらかじめ荷物の総数のうち何番と記入しておけば、荷解きをしなくても足りないものがあるかどうかが一目でわかり、業者へもすぐに確認をとることができます。
荷づくりのコツは荷解きのことを考えること
何も考えず適当に荷物をダンボールに放り込むと、そのときは楽でも後の苦労が倍に。持ち運びが楽なように大きな箱にはかさばる家財を、小さな箱には本などの重いものを入れる、台所やリビングなど部屋ごとに箱をわける、洋服は季節ごとにわけるなど、詰めるときに分類しておくと手間が省けます。必要なものか不要なものかを見極めることもできるので、新居へいらないものを持っていってしまうこともなくなり一石二鳥です。
荷づくりポイント/瓶類
しょうゆやお酒などの瓶類は倒れて割れたりしないよう、ひもを渡して仕切をつくったダンボールにまとめて荷づくりします。瓶と瓶のすき間に丸めた新聞紙をしっかりと詰めてクッション材にします。瓶の底を新聞紙で巻いておくとさらに安心です。
荷づくりポイント/食器
一つひとつ新聞などで厚めに包んだものを5〜6個単位でひもがけし、丈夫で小さめの箱に詰めます。すき間を丸めた新聞紙などで埋める、一つの箱にあまり詰めすぎないのもポイント。「ワレモノ注意」の表示も忘れずしておきます。
荷づくりポイント/植木・鉢植え
引越が近づいたら植木の水は控えめに。当日の朝は水をあげないようにします。それでも水がでるようなら鉢をビニールで包み、口の開いたダンボールなどにすき間を開けずに詰めます。大きな植木については運送会社や造園店に相談しましょう。
荷づくりポイント/パソコン
買ったときの箱がある場合は、その箱とクッション材を使って梱包するのが一番。ない場合にはエアーキャップや厚手のバスタオルなどで3重くらいに巻きます。できればパソコンに詳しい人に聞くかメーカーサポートに問い合わせて荷づくりの仕方を教えてもらいたいもの。データのバックアップをとっておくことも大切です。
荷づくりポイント/家具類
タンスや机、食器棚などは、中身を空にし、ガラス戸や棚板など外せるものは全て外しておきます。たいていの引越業者は大きな家財はきちんと梱包して運んでくれますので、そこまでしておけば大丈夫。自分で運ぶ場合は引き出しなどをひもで固定します。
売買物件
賃貸物件
資産活用
お問合わせ
携帯に簡単アクセス
ADOBE FLASHPLAYER
Flashをご覧いただく場合はFLASHPLAYERが必要です
Flashをご覧いただく場合はFLASHPLAYERが必要です